Tel. 03-3401-9280  I  Fax: 03-6432-9290  I  info@olegno.com

    オレグノは弊社の商標です。全ての権利は弊社に帰属します。

                    and "オレグノ" are trademark of us. All rights reserved.

  • Instagram Social Icon

CONCEPT

“パートナーシェアマインド”(近年ライフスタイルにおいて趣味やファッション感等を、カップル・ご夫婦共有され、共通の価値観を高め有意義な時を過ごされるパートナーマインドスタイルを持った方々が増えております) に向けた、心地良い日常を共にお過ごし頂ける様、ナチュラルで、やすらぎ、リラックス感を感じて頂ける大人の上質なエレガンススタイル、ライフスタイルをご提案させて頂くブランドです。

プロダクにおいても世界に認められる日本の優れた技術・品質・職人技で作られた材料(素材) から縫製に至るまで全て厳選したモノ作りを行うこだわりの“all made for Japan” 製品です。

“olegno”とはイタリア語で”odore di legno” ( 木の香り) の造語です。森林に包まれる様な”やすらぎ” “リラックス感” をお感じ頂ける様なモノ作りをご提案したいという想いを込めたブランド名です。

CRAFT OF JAPAN

木工職人

オレグノのブランドアイコンでもある「ウッドパーツ」は一つ一つ熟練木工職人の手作業による削り出しで作られております。優れた木工職人は、日本人ならではの緻密で繊細な加工技術はもちろんの事、木塊を削り出すことで作品を生み出す、想像力とデザインセンスを併せ持っております。また、耐久性やクオリティを最適なものに仕上げる技術を持っております。樫の木は野球のバットなどにも用いられるほど堅く、機械による抜型などで大量生産の加工が出来ない特殊な素材になります。そのため、オレグノの「ウッドパーツ」は熟練の木工職人の手により作り上げられているのです。

カバン職人(パーツ加工)

日本には匠と呼ばれる、世界に誇るモノ作りのプロが存在します。オレグノのカバンを作る職人は、まさに匠と呼ばれる技術者が担っております。カバン職人は「設計図の作成→型紙をおこす→素材を裁断(革漉き)→パーツの組み立て→縫製する」という生産過程の中で、皮革の扱いに長けた職人、様々な素材を丈夫且つ美しく縫い上げる職人、それぞれの分野ごとにそれぞれの技術を極めた職人が携わっております。美しいハンドルの〝肉盛り” と、味わい深い〝ネン引き”、グリップ感の良い丸みを帯びた〝カンナ掛け~本磨き(コバ仕上げ)” は、表面の皮革・内部の芯材などの素材の特性を熟知し、日本人ならではの繊細な指先の感覚で丁寧に仕上げられております。

カバン職人(縫製)

硬く厚みのある革・コットン素材や、柔らかく繊細な特殊生地などの縫製には、内部の構造を把握し、その素材の持つオリジナルの風合いを最大限に生かすため、貼り合わせる芯材に至っても職人の経験値を生かし徹底的に吟味選定したものを採用し、最高の技術によって丈夫で且つ美しいシルエットを生み出します。一針一針に日本の職人のプライドが込められているからこそ、オレグノのカバンはナチュラルでエレガンスな雰囲気を表現する事が出来るのです。

MATERIAL

革について

オレグノではナチュラルで豊かな発色があり、さらにお使い頂くごとに美しく纏う経年変化を特徴とした1937 年創業の植物性タンニン鞣しを専門とした皮革メーカー「栃木レザー」の革を使用しております。

国内唯一のピット製法とよばれる、巨大な水槽に張ったタンニン溶剤の中に皮を、薄いタンニン濃度の水槽から濃いタンニン濃度槽へと順次20 日間もの手間と時間をかけ漬け込んでいく伝統的な製法です。ピット製法は時間をかけてタンニンに漬け込むことで、原皮に負担をかけずに自然になめされ、芯までタンニンの成分が浸透するため、型くずれしにくい堅牢な革に仕上がると言われています。

原皮を水洗いするところから出荷に至るまで20以上の工程を踏み、商品になるのに約3 ヶ月の期間を要します。そのためタンニンレザーの特徴である革本来の自然な風合いを残しながら、しなやかで、耐久性にすぐれた世界に誇る高品質なレザーを生み出します。

生地について

オレグノは日本の味わい深い四季をお感じ頂きながら、カバンと一緒にその季節をよりお楽しみ頂ける様に、通常のカバンメーカーが使用する事の無い様な、テーマに合わせた幅広い特殊な生地をご提案しております。

メイン素材の9 号帆布コットンは、深い発色と、パリッとした腰感のある高密度な織りが特徴の国内大手繊維メーカーが新開発した「グラスコット®」糸を用いた“新帆布素材” です。独自の裏加工や素材に合わせた縫製技法を用いて、素材の持つナチュラル感と高いクオリティによるエレガンス感をお感じ頂ける通年ご使用頂けるアイテムに仕上がっております。

の他、夏の時期には涼しげで軽快なパナマ調生地や、冬の時期には糸の太さが不均一で独特の表情が特徴の温もりをお感じ頂けるウール生地まで、四季を持つ日本人ならではの豊かな感性と高い技術によって生み出された、高品質なクオリティの、多様な国産の生地をご提案をさせて頂いております。

木製パーツについて

ブランドコンセプトとして「やすらぎ」「リラックス感」をお感じ頂けるように、ブランド名の由来にもなりました“odore di legno(木の香りがする)” というイタリア語にも御座います様に、オレグノに付属するブランドネームプレートやボタンに用いた無垢の国産樫の木を使ったパーツは、ブランドの特徴的なアイコンとなっております。「樫の木」は、漢字で木偏に堅と書く様に非常に堅くとても強度性の高い材質です。その特性から日本では古くから大工道具や、バットや木刀などに重宝され使われてきました。また、内部で多量に気泡を含んでいるため耐水性・防水性にも優れた材質です。ただし、堅い材質の特性上加工がしにくい為、1 点1 点熟練の木工職人の手作業でしか作る事が出来ない希少性の高い大変貴重なパーツとなっております